考え方

【知っておいてほしい】職業選択の自由=会社選びの自由じゃない

小学生の将来の夢ランキングにYouTuberがランクインしているそうですね。
上司のお子さん(5歳の男の子)もユーチューバーのレビューを見てお菓子を選ぶそうです。
理由は美味しい、美味しくないをハッキリ言ってくれることと、面白いからだそうです。

小学生から見てもユーチューバーは面白い存在。
憧れの的のようですが、副業の視点から見てもユーチューバーは憧れの存在だと思います。

なぜユーチューバーにあこがれる人が多いのか、ブロガー視点で書いていこうと思います。

ユーチューバーとブロガーの違い

ユーチューバーとブロガーは、Googleという大きなプラットフォームの上で表現をし、その対価として広告収入を得ているという共通点があります。
しかしながら、表現方法や成功までのアプローチに大きな違いがあります。

まず尺の取り方です。
ブロガーはGoogleの検索アルゴリズムに合わせてSEO対策を正しく打つことが求められます。
SEOについては神様のような雲の上の存在の先輩方が様々な記事を投稿しておられるので割愛します。

しかしながら、なんやかんやで物理的な文字量にモノを言わせる部分が少なからずあります。
一方では動画を使ったビジュアル表現のため、いかに尺を詰める技量とセンスを求められます。

伝えたい内容を網羅的に文字表現するか、または収束させビジュアルにまとめ上げるかの違いです。

次にはじめやすさの違いです。
ブロガーはドメインや内部SEOなど読者の皆さんが見えないところで記事以外の準備をしています。
ユーチューバーは機材にお金がかかります。カメラや照明、動画編集ソフト、そのソフトに耐えうるPCなど始めるのにお金がかかるイメージです。
ちなみにブロガーの準備費用は1万円ほどです。

違いを2点あげましたが、共通項が2つあります。
伝えたいことを発信し続ける継続力です。
たいていのブロガーやユーチューバーは
最初は何者でもない一般人です。

影響力のある芸能人やモデルさんでもなく
その辺にいる兄ちゃん姉ちゃん、おっちゃん、おばちゃんです。
一般人の発信を誰かに届けるには言い続ける、伝え続けることが絶対条件なのです。

職業選択においての発信者

この時代において、なぜブロガーやユーチューバーが注目されるのでしょうか。
それは価値観の変化と技術の発展があります。

まずは価値観の変化です。
耳タコですが、年金問題やリストラ問題にからめ年功序列や終身雇用の崩壊が連日ネットニュースを賑わせています。
良い大学に入り、大企業に入ることが人生を航海に例えると豪華客船に乗船することでした。
しかしながら、小舟でも艦隊を組んで航海するほうが楽しいし自分に合ってると考える人たちが出てきました。
それがフリーランスの人たちです。
豪華客船がタイタニックのような末路をたどってしまう可能性があることを知りその動きは加速しているようにも見えます。

もう1つはネット環境が格段に良くなり、個人でもお金を稼ぐハードルが低くなったことです。
個人が影響力を持てるようになった時代背景が職業選択に大きな影響を与えています。
ネット環境については、こちらの記事で詳しく解説しています。

自分に合った職業選択でよい人生を歩みましょう