お金

【クレカデビュー者 熟読!!】Amazonクレジットカード即時審査の重要事項まとめ

Amazonクレジットカードには即時審査があります

楽天市場と並んでネット通販大手のAmazonでは、
現在三井住友カードと提携してAmazonクレジットカードが発行されています。
三井住友カードと言えば銀行系大手のクレジットカード会社になるため、提携カードとは言えその審査内容も銀行系よりも少し低い水準になっている傾向があります。

そして、このAmazonカードには本審査の他に即時審査というものが設定されており、本審査の前にカード申込者が本審査を受けるにふさわしいのか?否かをはかるために、一種の線引きとも思える審査が行われます。

もっとも、本審査には多少なりともコストが掛かるため、そのコストを削減するためにこの即時審査を設定している可能性は否定出来ませんが、この即時審査とは一体どのようなものなのか?について解説します。

Amazonカード審査における即時審査とは?

現在発行されているAmazonクレジットカードには、

Amazon MasterCardクラシック
Amazon MasterCardゴールド

以上2種類のクレジットカードがあります。もっとも、近年では同じネット通販大手の楽天市場が同系列の会社が発行している楽天カードを使うとポイントが付くというサービスを行っていますので、これに対抗しているのかも知れません。

そして、このAmazonクレジットカードを持つためには提携先でもある三井住友カードによる審査に通る必要がありますが、このAmazonカードには即時審査と呼ばれている簡易審査があり、この即時審査に通るとAmazonテンポラリーカードという仮のカードが発行されます。そこで、この即時審査では下記の必要事項を入力する必要があります。

●氏名
●生年月日
●電話番号
●住所
●居住年数
●支払い用銀行口座番号
●職業
●年収
●預貯金額

これだけを見ると、通常の審査と同じような内容になっています。ちなみに、この即時審査ですがその名の通り即時に審査を行う事になり、その審査時間は何と3分程度となっています。早いですね、カップ麺の出来上がりと変わりません。しかし、この即時審査に通ったからと言ってもAmazonクレジットカードは発行されません。

何故ならこの即時審査はあくまで仮の審査なのですから。Amazonクレジットカードを持つためには、その後の本審査に通過する必要があるのです。

そして、この即時審査に通るとAmazonテンポラリーカードと呼ばれている仮カード(利用可能金額上限3万円、期間最長3か月)の番号が発行され、Amazonでこのテンポラリーカードを使うとポイントが貯まるというのも即時審査の特徴の1つになります。

なお、この即時審査はあくまでも仮の審査となっていますので、この審査に通ったからといっても本審査に通る訳では無い=落ちる可能性があるという事は理解しておいた方が良いです。(ここ重要です)

即時審査の真の目的とは?

この即時審査とは、あくまでクレジットカード申込者の簡単な属性情報の審査をコンピューター処理のみによって行っています。そして、この即時審査をコンピューター処理で行う事によって、人件費の削減=経費の削減を狙っている可能性が高いです。

もっとも、クレジットカード審査では申込者の属性や信用情報を人間が行うとそれ相応の時間と経費が掛かりますので、この即時審査である程度申込者の線引きを行う事も仕方ありません。

ただ、Amazonクレジットカードは、Amazonと三井住友カードとの提携によって発行されている=提携カードのため、三井住友カードが発行しているクレジットカードよりは若干審査基準は緩めになっているようです。

即時審査の受付時間はこうなっています

Amazonカードを持つための第一歩とも言えるこの即時審査ですが、実は審査受付可能時間を含めた受付条件が設定されています。つまり、いつでもAmazonテンポラリーカードを作るための即時審査を受け付けているという訳ではありません。そして、即時審査の受付条件ですが下記の通りです。

Amazonクレジットカードの即時審査受付可能条件

amazonカード即時審査
●受付時間が9:00から19:00の間のみ
●20歳以上であること
●引き落とし口座がオンラインで設定できること(対象金融機関が限られる)

Amazonカードの即時審査に落ちたら

あくまで仮の審査であるAmazonカードの即時審査ですが、もちろん誰でも通る訳ではありません。中には即時審査に落ちる人もいる事でしょう。もっとも、この即時審査は簡易審査になっているため、よほど属性情報の内容が悪い人以外は通る可能性が高くなっています。

つまり、このAmazonカードの即時審査に落ちるという事は、それだけ属性に問題があるという事になるため、今後は勤続年数や年収などの属性をあげていく必要があります。ちなみに、Amazonカードの即時審査に落ちると当然ですが本審査には通りません。

即時審査じゃなくても大丈夫な人は

三井住友カードは銀行系

Amazonクレジットカード審査は、提携先の銀行系大手三井住友カードが行っています。銀行系と言うだけで審査はそれほど甘くは無い事を意味しています。

そして、過去に三井住友カードで金融事故を起こしている方は事故から数年~数十年程度は審査に通る事は極めて難しくなるため、過去に三井住友銀行で金融事故を起こしていない事が必須になります。

また、三井住友カードはCIC・JICC・KSCに加盟している=全ての個人信用情報機関に加盟していますので、他社での債務残高や延滞中の債務などの情報が丸分かりになっています。ですので、消費者金融からの借り入れはもちろん、軽微な延滞がある方でもクレジットカード審査に通る事は難しいと言えます。

逆に言えば、銀行系や信販系・流通系などの金融商品の支払いを毎月きちんと行っていれば、三井住友カードから計画的な利用と支払いが出来ていると判断され、審査では有利になる可能性があります。

審査基準を満たす

クレジットカード審査において、審査基準を満たすことは当たり前になりますが、このAmazonクレジットカードにも審査基準はあります。ただ、その基準は私たち利用者に開示される事はありません。

ですので、ここでは銀行系の一般的な審査基準を下記に記載しておきますので、この審査基準は満たしていた方が良いでしょう。(過去に下記条件において三井住友VISAカード審査に通った事例有り)

※居住年数は1年以上
※勤続年数は1年以上
※勤務形態は社員以上
※勤務先は一般企業以上
※年収は300万円以上

もっとも、この審査基準以下でも審査に通る事は可能と思われますが、最低限この条件を満たしていれば問題は無さそうです。さらに言えば、このAmazonクレジットカード審査の申込画面を見てみると

ご職業
会社員・会社役員→公務員→医師・弁護士・公認会計士など→自営業・自由業→年金→アルバイト・パート・契約社員→派遣社員→無職→学生

となっている事から、会社員・会社役員や公務員であれば審査で有利になる可能性が高く、逆に自営業以下の職業だと審査では厳しくなりそうです。もっとも、自営業以下の職業でも他の属性や信用情報が良好であれば審査に通る可能性も十分あります。

また、年収に関してはどのクレジットカード審査においてもはっきりとした金額は分かりかねますが、年齢相応の金額であれば問題ないと思われます。20歳代では250~300万前後、30歳代では300~350万程度です。

ちなみに、新卒の人の場合には、勤務年数半年程度でも審査に通る可能性がありこの際の年収の書き方ですが、これは月給×12ヶ月=年収、つまり見込み年収で問題ありません。というのも、これは過去新卒時に旧住友銀行の社員からクレジットカード申込時に見込み年収で問題無いと言われたためです。

信用情報に金融事故情報の登録が無い

先程三井住友カードで過去に金融事故を起こしていない事が条件として挙げられていましたが、これは特に三井住友カードに対してだけではなく、個人信用情報機関に加盟している全ての金融会社で金融事故を起こしていない事も必須になります。

というのも、審査を担当している三井住友カードはCIC、JICC、KSCと全ての個人信用情報機関に加盟しているため、各金融会社での金融事故情報が信用情報に登録されればその情報を全て把握する事が出来るためです。

また、信用情報に良好な利用実績が登録されている事もこの条件に含まれます。

Amazonクレジットカード審査の難易度は?

ここまでAmazonクレジットカード審査に必要な条件について解説してきましたが、審査難易度としては提携カードのため銀行系よりも若干緩く流通系よりは厳しいという位置付けになります。

ただ、ある程度の属性と消費者金融やキャッシングの利用が無く毎月の支払いでも延滞が無い、さらに多重申込でない方であれば、Amazonクレジットカードの取得はそれほど難しくは無いかと思われます。

逆に言えば、消費者金融でのキャッシング利用やその利用による延滞あり、さらには信用情報に過去6ヶ月間に複数の申込情報が登録されている場合には、審査に通らない可能性が高いと言えます。

学生でも申込可能なクレジットカードがあります

現在、日本で発行されている大半のクレジットカード審査へ申し込める年齢は満18歳以上となっています。ただ、満18歳以上とは言っても高校生は対象外になっていますので、いくら年齢制限上は満18歳だとしても審査に申し込むことは出来ません。

そして、高校生は申し込む事が出来ませんが、満18歳以上の学生についてはクレジットカードによって申込可能なカードと申込不可のカードとに分かれています。

それで、学生でも未成年の場合には、親権者である親の同意が必要になるケースがほとんどなので親の説得が鍵になってくると思われますが、親が援助してくれる、または学生でもアルバイトなどをして収入があれば親の同意を得る事はさほど難しくはないかも知れません。

もっとも、学生のうちはクレジットカードを持つなんてとんでもないと考えている親であれば、審査への申し込みを行う際の同意を得る事はかなり難しい事が予想されます。

ただ、学生とはいえ、キャッシュレスで買い物ができ、また公共料金の支払いや携帯電話料金の支払いなどでポイントが貯まるクレジットカードがあれば、自分のライフスタイルがより良いものになる可能性がありますので、最低でもカードの1枚は保有したいところかも知れません。

そこで、今回の記事では満18歳以上の学生でも審査への申し込みが可能なクレジットカードについていくつか解説していきます。

そもそも学生の定義とは?

一言で学生とはいっても、今は大学や各種短期大学、専門学校など、高卒後それぞれの目的別に進学する学校が異なっているため、どこまでが学生に含まれるのか?が今一つ分かっていない人がいるかも知れません。

そこで、この学生の定義ですが、高校生を除く大学生や短大生、専門学校生や大学院生など、18歳~24,5歳前後までの方を指しています。もっとも大学院生にもなればもう少し上限年齢が上がると思います。

審査における学生のカード発行基準はこうなっています

先程、学生には大学生や短大生、専門学校生などいくつかの種類に分けられると解説しました。それでは、こういった学生の場合、クレジットカード審査ではどのような評価(発行基準)になっているのかをまとめてみましたのでご覧下さい。

種類別  発行可否 解説
高校生   ×   高校生は問答無用で不可です
大学生   ○   作成可能です
高専生   △   4年制や5年制の場合、年齢が18歳や19歳であれば作成の可能性あり
短大生   ○   作成可能です
専門学校生 ○   作成可能です
大学院生  △   基本的に作成可能ですが年齢が高くなると年齢制限に引っ掛かる可能性あり

いかがですか?大学生や短大生、専門学校生は基本的に条件無しでの作成が可能ですが、大学院生や高専生は条件付きでの発行になる可能性があります。もっとも、大学院生や高専生の場合には、一部学生における年齢制限に引っ掛かる可能性があるため仕方ありません。ただ、いずれの場合も未成年だと親権者の同意が必要になります。

学生でも申込可能なクレジットカードはこれ

ここからは、学生でも申込が可能なクレジットカードについて、いくつか解説していきます。学生とはいえ、現在のクレジットカード社会ではカードが1枚あれば快適な生活を送る事が可能となっていますので、是非参考にしていただければと思います。

●三井住友VISAデビュープラスカード
実質年会費永年無料の学生や新社会人向けのクレジットカード。ポイント還元率はあまり高くないですが、安心の三井住友ブランドが魅力です。学生の場合、クレジットカードを作る事が初めてという人が多いと思いますので、そんな時にはやはりクレジットカード業界においては一流の三井住友カードはお勧めです。
●学生専用ライフカード
学生限定の海外利用のキャッシュバックサービスや海外旅行傷害保険など、海外旅行や海外留学をする方にはとても嬉しい1枚です。近年では海外志向の学生も多くなっていますので、そんな人にはこのカードがお勧めです。
●楽天カード
テレビCMや各種広告などで知名度上昇中の楽天カード。とにかく楽天系列でのポイント還元率が高いため、楽天グループをよく利用する方にお勧めです。
●エポスカード
大手百貨店丸井グループが発行しているクレジットカード。全国約7,000店舗で割引や優待などがあります。さらに、このエポスカードの魅力は何と言っても最短即日で発行が可能というところです。クレジットカードは欲しいと思ったらすぐにでも手に入れたいと思うのが人間の心理というものなので、この最短即日発行は魅力的に映りますね。

●ビュー・スイカカード
JR東日本系列の株式会社ビューカードが発行しているSuica機能付きのクレジットカード。Suica定期券機能が付いており良くJRを利用する方にはお勧めの1枚になります。

学生の場合には、学校まで電車で通うという人も多いかと思いますので、そんな人にはSuica付きのこのカードがお勧めになります。

いかがでしたか?これ以外にも学生が申込可能なクレジットカードはありますが、それら全てを紹介すると当サイトを見ている方が混乱するかも知れませんので、私の独断で厳選して紹介しました。

こうして見ると、各カードによって特徴がありますので、自分のライフスタイルに合った1枚もしくは2枚を選択していただければと思います。

親の同意が得られない人にはデビットカードがお勧め

学生でもクレジットカードを持ちたいと思っている人は多いかと思います。ただ、未成年の場合には法律上どうしても親の同意が必要になるため、親の同意を得る事が出来なければ審査への申し込みが出来ません。

審査への申し込みが出来ないのであれば、それはすなわちクレジットカードを作る事が出来ない事になりますが、そんな時に全てクレジットカードと同じ使い方が出来るという訳ではありませんが、似たような使い方が可能なデビットカードがお勧めです。

そして、このデビットカードですが、未成年の学生でも一部を除いて審査不要で持つ事が可能となっています。審査不要で持つ事が出来ますが、デビットカードを発行している銀行の口座開設が必須となっており、この銀行口座にお金が入っている事が条件になります。

もっとも、一般的なクレジットカードを使えばその支払いにお金が必要になるため、お金が必要という条件はたいして苦にはならない事でしょう。
また、銀行口座開設にしても、近年ではネット環境の普及によって口座申込よデビットカードの申し込みが全てネット上で完結可能となっているため、口座開設&デビットカード申込からおよそ1~2週間程度でカードが送られてきますので、その作り方はとても簡単です。