【8割が管理職になりたくない】年功序列は日本人から出世意欲も奪った

働き方改革


日本のビジネスパーソンは勉強不足。パーソル総合研究所(東京・港)がまとめたアジア太平洋地域の就業実態調査でこんな姿が浮き彫りになった。「学習や自己啓発をしていない」と答えた人は5割弱と最も高かった。日本型雇用の下では自らの市場価値を高めようとする意識が乏しく、グローバルな人材市場では劣勢に立たされる可能性がある。

調査は2019年2~3月に実施。東アジアや東南アジア、インド、オセアニアの14カ国・地域の主要都市で働くビジネスパーソン各1000人から回答を得た。

勤務先以外での学習や自己啓発について日本は「特に何も行っていない」と答えた人が46%で最も高かった。2位のニュージーランドに比べ24ポイントも差をつけた。一方、東南アジアやインド、中国では1割未満で自己研さんに意欲的な様子がうかがえる。

日本で自己研さんをしている人のうち、実施していることで最も多かったのは「読書」(27%)。次いで「研修などへの参加」「資格取得のための勉強」(ともに13%)、「語学学習」(10%)と続いた。

終身雇用や年功序列といった日本型雇用の下では、自社内でしか通用しないスキルに頼る傾向が強い。さらに一定の年齢を超えれば出世の勝負がついてしまうため「自ら学んで市場価値を高めようとする意識になりにくい」とパーソル総合研究所の桜井功副社長は指摘する。(日経MJより)

スポンサードサーチ

出世したくない これが変な考え方じゃない時代になりました

日本人が出世を望まなくなったのは
終身雇用や年功序列といった
日本型雇用の下では、自社内でしか
通用しないスキルに頼る傾向が強い。
さらに一定の年齢を超えれば
出世の勝負がついてしまうため
「自ら学んで市場価値を
高めようとする意識になりにくい

いやいやいや。。。。



たぶん、入社段階から出世したくない人
多いと思うよ。

理由はサラリーマンであることの
デメリットとか暗い面にばかり
スポットが当たってること。

ネットを見れば
鬱病
辞めたい。。
パワハラ
セクハラ
こんな記事ばかり。

一方で実像は置いておいて
インスタグラマーやユーチューバーなど
個人で稼いでいる人には
明るい切り口でニュース報道がされている現代。

「出世の土俵」にそもそも上がらない
そんな選択肢を選ぶ人が増えていると思います。

とはいえ生きていくためにはお金が必要なので
必要最低限をいかに省エネで稼ぐか
ここに注力する方が増えているのが
実情じゃないでしょうか。

最近ではサブスクリプションが
色んな分野で使えるから
娯楽のコストが爆下がりしてるからね。

ほとんどの人がグローバルで戦おうなんて
思っていないのが現実だと思います。

グローバルとか国力とか
そういう話じゃなくて
個人ベースでの話をしないと
誰も頑張って働かないと思います。

スポンサードサーチ