5冊目『これから世界をつくる仲間たちへ』

皆さま

お疲れ様です

5冊目は
2016年3月(電子書籍版発行)
落合陽一さんの
『これからの世界をつくる仲間たちへ』

毎日目にするSNSや新聞、アプリニュース
どのメディアにも変化する社会で
「生き残るには」
「稼ぎ続けるには」
「目立つには」
みたいな記事が載っています。

まず”変化する社会”の
部分については
ネットの発達、
PCの発達が原因で
間違い無いでしょう。

この本は、そんな
変化する社会
それも急速に変化する社会を
生き続ける上でのマインドセットを
学べた本でした。

PCの普及で1番の変化は
「価値」の変化

ネット社会となって
1番変化したのは
「物」自体にしか価値が
無い時代から「情報」への
価値に移行したことです。

価値の移行で変化した
最たるものが、より個人の
能力やインフルエンサーの
つくるコミュニティの価値が
向上したことです。

本を読んでいると
価値が向上したというより
良くも悪くも「自己責任」が
強くなったという方が
ニュアンスあってるかと思います。

自分が何を想い、実現のために
どの分野で専門性をつけ、
どういう手段を使って、
それを発信するかが
重要になりました。

重要になったと同時に
個人が持てるメディア(チャンネル)が
豊富になりました。

発信する人が増える分
発信するコンテンツは
より尖ったものでないと
相手の心を奪うことは
できなくなっています。

この本では、様々な分野の
仕組みのことを「魔法」と
言い換えています。

魔法にも2種類あり
1つ目が皆にとって魔法
2つ目が大多数の人にとって魔法
です。

1つ目は時代をさかのぼって
火を通せば食材が長持ちする
というもの仕組みはずっと後の時代で
細菌学が確立されるまで謎でしたが
皆が便利だからと、それをやっていた。

2つ目は現代です。
WEBの仕組みとか
グーグルのSEOアルゴリズムとかが
これに当たりますね。

私のブログを読んでくださっている方は
SRリスナー、配信者さんが多いので
身近な例を使うとSHOW ROOMという
魔法を前田さんがかけました。

最初はその魔法を享受するだけだった
リスナーや配信者がSRの魔法を解こうと
努力をはじめました。

SRの仕組みや奥深い考え方を研究し
その魔法をかけられているだけの
立場から「3周」や「応援ルーム」を考え
魔法をかける立場
言葉を変えると仕組みを発明し、
それを広げていく立場、仕掛けをしていく
立場になりました。

これからは、この考え方が
本当に大切になってきます。
与えられた魔法
>仕組みや「場」
これらに、ただ乗っかるだけでなく
仕組みを解き明かすための専門性を
身につけ、その刃をしっかりと研いで
仕掛けをする立場に変わっていかねば
ならないのです。

そのためには、前のブログでは無いですが
自分の好きを見極め、分析し
それに則った専門性を身につけ
下手くそでもスピード感を持って
行動に移していく、そのマインドが
大事だと私は思うのです。

今回はこの辺りで!

最後までお付き合いいただき、
ありがとうございます。