芸能系

クラウドファンディングとは何か?乞食などの批判に経験談で反論

クラウドファンディングという言葉を聞いたことはありますか?
クラウドファンディングとは2000年代にアメリカで始まったサービスです。
日本でも2011年ごろから注目が集まり、今では何万ものプロジェクトが
クラウドファンディングを使って資金調達を行なっています。

この記事ではクラウドファンディングとは何かやどのような分野で使われているのか解説して行きたいと思います。

クラウドファンディングの使われ方や現状

クラウドファンディングとは群衆(クラウド)と資金調達(ファンディング)の2つの言葉で作られた造語です。

「プロジェクト」と呼ばれる企画をクラウドファンディングの運営会社のサイトに掲載し、一般の人たちから広く資金提供を呼びかけることができるサービスです

「資金調達」というと

  • 銀行などからの融資などの借り入れ
  • ベンチャーキャピタルからの出資
  • 株式の発行

これら項目のように、難しいイメージや社会的な信用を得ている必要があります。

これから事業を始めたい人や社会的な名声をまだ手に入れていないアーティストには難しい資金調達方法だと言えるでしょう。
一方でクラウドファンディングは誰でも手軽に行える資金調達の手段で支援者側も気軽に支援することができます。

クラウドファンディングの種類

  • 購入型
  • 寄附型
  • 融資型
  • 株式型
  • ファンド型
  • ふるさと納税型

代表的なものは上記の6種類ですが、
一般的にイメージされるクラウドファンディングは

  • 購入型
  • 寄附型
  • この2つなので、これらについて解説します。

    購入型のクラウドファンディング

    クラウドファンディングの起案者は下記のような人たちが多いです。

  • アーティスト
  • 農家
  • メーカー
  • 起案者はCDや特産品、アパレルなど生産物を対価として
    「支援いただいて目標に届いたら作ってお渡しします」
    このようなスタンスでプロジェクトをスタートさせます。

    起案者は一般から広く支援を募ることができるだけでなく
    興味を持った人がSNSで拡散してくれる
    どのくらいの人が興味を持ってくれるのかテストマーケティングできる
    このようにお金以外の恩恵を受ける事ができます。

    支援者側も日常生活では手に入れられないものを
    格安で手に入れる事ができる
    自分の思い入れが強いものを購入できるなどメリットがあります。

    寄附型のクラウドファンディング

    寄附型のクラウドファンディングは、先ほど紹介した「購入型」のように
    支援者側にリターンはありません。

    日本にクラウドファンディングが入ってきたのが
    偶然にも東日本大震災が起きた2011年だったこともあり
    クラウドファンディング=寄附と思っている人が多いのではないでしょうか。

    最近ではコロナウィルス関連の医療従事者への支援でも
    クラウドファンディングが行われました。

    後述しますが、クラウドファンディング=寄附だけという思い込みが
    クラウドファンディングへの批判に繋がっている節があります。

    日本のクラウドファンディングの現状

    コロナ禍で飲食店やアパレル系、ライブハウスを中心に厳しい状況が続いています。
    そんな中で飲食店やライブハウスが生き残りをかけてクラウドファンディングをやっているケースが増えています。

    先ほどの累計で行くと「購入型」で行われています。
    飲食店やライブハウスに行って、払うはずだったお金を
    クラウドファンディングを使って先払いします。

    お店側はリターンとして、食事券やクーポン券を送ります。
    この形がクラウドファンディングの本来の姿です。

    クラウドファンディングが乞食や物乞いと批判されるのは何故か

    クラウドファンディングが批判を受けるのは以下の理由だと考えられます。

    • クラウドファンディングの意味が理解されていない
    • 芸能人やインフルエンサーのオンラインサロン案件が増えている

    クラウドファンディングの本義は寄附ではなく資金調達

    多くの一般人がクラウドファンディングを勘違いしています。

    クラウドファンディングの目的は資金調達です
    物乞いや乞食という批判を多く目にしますが、
    クラウドファンディングを「オンラインで寄附を募る事」
    間違って認識している人が多いように思います。

    クラウドファンディングのサイトを見た人は
    すぐに理解できると思いますが、
    これを使って集めたお金の使い道は
    サイト上に明記されています。

    「創作活動」などとざっくりした表記ではありますが
    「生活に困っているので助けてください」というものは
    一部の「炎上マーケティング」をのぞいて見た事がありません。

    これを資本主義を理解できない頭の悪い人たちが
    「完成品がないのにお金を取るのは怪しい」と批判しているにすぎません。

    芸能人がオンラインサロン会員募集にクラウドファンディングのサイトを使っている

    最近ではクラウドファンディングのサイトで芸能人やインフルエンサーが
    オンラインサロンの募集をしているのを散見します。

    これも

  • 芸能人のお金の荒稼ぎ
  • 宗教ぽい
  • コロナ禍で芸能人もきついのか?
  • などなど様々な書き込みを目にしますが、昔から少し名前を変えた同じ制度がありました。
    ファンクラブです。

    エンタメ業界やお金の集め方・使われ方は
    日々進歩しているのに批判をしている人は
    20年前からなんの進歩もないのでしょうか?

    クラウドファンディングの体験談、手数料やリターンについて

    私は一度、クラウドファンディングで支援をした事があります。
    その時の体験談をかきたいと思います。

    支援したプロジェクトはライブハウスで活躍しておられる
    シンガーソングライターのアルバム作成のプロジェクトです。

    とあるライブハウスで偶然聞く機会があり
    曲がすごく素敵だったので、
    その人のSNSを見ているとCAMPFIREというサイトで
    クラウドファンディングをしているのを知り、支援しました。

    支払い方法は

    • クレジットカード
    • 銀行振込
    • コンビニ決済
    • Pay Pal
    • 仮想通貨

    など多くの決済方法から選ぶ事ができました。

    クラウドファンディングに参加した事自体の手数料は
    起案者が支払うため、支援者側ではわかりませんが
    コンビニや仮想通貨の決済手数料は支援者持ちでした。

    いかがでしたでしょうか。
    クラウドファンディングについて、役立つ知識は提供できましたか?

    もし役に立っていればSNSなどで拡散をおねがいします。

    関連記事はコチラ