ラグビー

【トップリーグがついに開幕】にわかファンも大満足の試合が目白押し

ついに開幕しました2020年ラグビートップリーグ。

1月12日の開幕戦、東花園ラグビー場で行われた2戦を観戦してきました。

トップリーグ初戦はHonda HEAT vs リコーブラックラムズ


大阪の東花園ラグビー場の初戦カードは
・Honda HEAT vs リコーブラックラムズ
・NTTドコモレッドハリケーンズvs三菱重工相模原ダイナボアーズ
この2戦です。

まず1試合目はレメキ選手、具選手擁するHondaが注目。どんなプレーを見せてくれるのか。
2戦目は念願のトップリーグ昇格の相模原ダイナボアーズがトップリーグ初勝利なるかと2試合とも注目度が高い試合でした。

1試合目はHonda 擁する2人の日本代表選手が両選手ともトライを決めて会場は大盛りでした。

スクラムの押し合いも両フォワードのプライドがバチバチぶつかり合う素晴らしい試合でした。

ラグビーワールドカップで話題に上がった「にわかファン」のラグビー熱が続いているかがラグビー界隈で大きな話題になっていましたが、日本代表を擁しているチームが出る試合では大きな盛り上がりがあり、心配はいらないと思いました。

印象的だったのが、ちびっ子ラグビーファンが増えたな〜ということでした。
恐らく未就学の子供たちだと思いますが、レメキ選手への大歓声がすごかった。
レメキ選手もレメキ選手で、フォワードの選手が良いプレーをしたときに拍手を促すなど、試合を盛り上げる動きもしっかりされていたのが印象的でした。

トップリーグの盛り上がりは上々

4年前のラグビーワールドカップ後にラグビーが再び盛り上がることが期待され、チケットは完売。
しかしながら、いざ開幕してみると空席が目立つ結果となりました。

理由は選手のみがクローズアップされ、肝心のプレーに関心の対象が向かなかったためです。
今年のワールドカップ終了後も「にわかファン」を歓迎する動きは大きくありましたが、今回はそれを上手くプロモーションし、新たなファンの獲得に成功しています。
理由は2点あります。1つは「ジャッカル」「ノックオン」などルールに関連した言葉がラグビーに関心が無かった一般人にも知られたこと。
もうひとつは、特番にワールドカップで活躍した選手が出演し、そのチーム名やトップリーグの存在が広くて知れ渡りました。



トップリーグの開幕日時を必ず広報できたのが大きいと思います。
後は実際にプレーを見ていただき、ラグビーの楽しさを実感してもらうだけです。