ラグビー

ラグビーワールドカップへの選手輩出がNo.1 パナソニックの躍動を見逃すな稲垣選手も堀江選手も

ラグビートップリーグ2020で絶対王者神戸製鋼と並んでラグビー観戦初心者の方にオススメしたいチームがあります。
それはパナソニックワイルドナイツです。理由は単純明快でラグビーワールドカップ2019への選手輩出がNo.1だからです。
笑わない男としてバラエティ番組でも活躍した稲垣選手。ドレッドヘアがトレードマーク堀江選手、ダブルタックルで日本を救ったヴァルアサエリ愛選手、福岡選手に松田選手、坂手選手も在籍しています。名前を知っている選手が多くいるチームが1番応援しやすいですよね。

そんなパナソニックの試合経過を今回は観戦記としてお届けします。

ラグビー稲垣選手や堀江選手、松田選手も所属パナソニックワイルドナイツのスタメン

1 クレイグ・ミラー
2堀江翔太
3 クリス・キング
4 宮川智海
5 長谷川崚太
6 ベン・ガンター
7 デービッド・ポーコック
8 ジャック・コーネルセン
9 小山大輝
10松田力也
11 梶伊織
12 ダミアン・デアリエンディ
13 ディラン・ライリー
14 竹山晃暉
15 笹倉康誉
※稲垣選手は後半12分から登場

対する三菱重工相模原ダイナボアーズのスタメン

1 細田隼都
2 安江祥光
3 成昂徳
4 ジャクソン・ヘモポ
5 小野寺優太
6 トーマス優デーリックデニイ
7 小林訓也
8 ヘイデン・ベッドウェルカーティス
9 西舘健太
10 ジェームス・ウィルソン
11 青木和也
12 マイケル・リトル
13 マット・ヴァエガ
14 レポロテビタ
15 井口剛志

日本ラグビー絶対王者神戸製鋼と双璧を張るパナソニックの戦いは?

まずは開始5分。トライゾーンまで残り5メートルラインまで持ち込みます。右方向に展開すると見せかけて7番のデービッド・ポーコックがディフェンスをぶち破りトライをキメます。7-0

その後ダイナボアーズがペナルティゴールで3点を返して7-3。次の得点はパナソニック。ラインアウトからそのままモールを作りトライを決めます。これで14ー3。

その後日本代表の堀江選手もトライを決めて、19ー3。その後、ベン・カーターもトライを決めて、前半も残り5分。

前半の最後もパナソニックが10メートルライン付近まで大きくボールを進めて、最後は大外に控えていた梶伊織選手がトライを決めて、29ー3で前半を終えます。

後半開始早々、ふたたびパナソニックがトライをきめます。竹山晃暉選手、ベン・ガンターがランでゴリゴリ進んでいき、最後は1番クレイグ・ミラー選手がトライをきめて36ー3にリードを広げます。

松田力也がステップでダイナボアーズも選手を何人も抜いて、最後は山沢拓也選手にオフロードパス。43ー3にまで点差が広がります。

最後までワイルドナイツが試合の主導権を握り続け62ー10で試合終了です。

オフィシャルの試合動画はこちら

トップリーグの試合結果やスーパーラグビーが気になる方はこちら