ラグビーW杯は何故ここまで盛り上がったのか?前回大会との比較も!

ラグビートップリーグ

2019年ラグビーW杯をきっかけにラグビーファンになった方も多いのではないでしょうか?
私もその1人です。”にわかファン”を温かく迎え入れてくださる既存ファンの皆さん、熱いプレーを見せてくれた選手の皆さんには感謝しかありませんね。

ラグビー日本代表のW杯はベスト8で幕を閉じました。
もっとラグビーを見たい、
楽しみたいと思い調べましたが
日本代表以外の記事は少なく、
トップリーグの存在をそこで知りましたが
良い解説記事はありませんでした。

そこで、このブログで観戦記や
様々な情報を”にわか”目線で
発信していくことで、自分と同じ
にわかから、もっとのめり込みたい方の
手助けになるのではないかと思い、ブログを書き始めました。

スポンサードサーチ

2019年W杯でラグビーの注目度は上がったのか?

ラグビーW杯は世界3大大会と呼ばれるほど世界的にメジャーなスポーツです。
(残りの2つは夏季五輪とサッカーW杯です)
しかしながら、日本では野球やサッカーと比べ、ポピュラースポーツとは呼べません。

2015年度のラグビーW杯では南アフリカに勝利する歴史的大金星を挙げましたが、五郎丸選手のポーズや「ルーティーン」という言葉だけがメディアで頻繁に取り上げられ一時のブームで終わってしまいました。

今回は日本チーム全体がメディアで取り上げられ、ジャッカルという技自体にフォーカスされるなど報道の仕方が変わってきておりラグビー界にとっては強い追い風が吹いている印象です。
実際、Googleで「ラグビー」を調べている人が激増しています。

前回W杯も大きな話題となりましたが、その3倍以上の検索数に伸びています。

ラグビー人気が伸びた理由

前回のW杯も大きな話題となりましたが、先ほどのGoogleトレンドの指標の通り今回は、それ以上の注目を集めています。
今回のW杯ではONE TEAMのスローガン通り、主将のリーチマイケル選手や若手の選手にもスポットが当てられました。その結果、観衆自身がチーム全体を応援しつつも、自分自身の推す選手を決めることができました。
さらにTV中継の際に解説や画面をうまく使い、わかりにくいとされるルールを試合楽しめるレベルにまでナビゲートできたのが大きな強みになったと思います。

今後の日本ラグビーの展望は明るいのか

ラグビーの解説中に元日本ラグビー代表の解説者は、この盛り上がりをW杯終了後にいかに繋げるかが重要だと繰り返し語っています。先ほど書いたような一過性のブームではなくポピュラースポーツにするための道筋を真剣に考えた発言です。

2019年から2020年にかけてラグビー界は、とても大きなチャンスに恵まれていると思います。
この後、すぐにチャレンジカップやトップリーグの開幕、高校の花園ラグビーやオリンピックでのセブンスのラグビーなど、W杯を引用して大きな話題になる大会が多数控えているからです。
1月に開幕する日本ラグビーのTOPリーグに多くの海外代表の選手も出場します。このことから、より多くの選手を知ってもらうことが可能となります。

ただ、懸念点としてはTwitterで橋下徹さんが発言されているようにラグビー選手の待遇は他のスポーツ選手と比べて低いことです。。


スポーツグラフィックNUMBERの10月30日臨時創刊号で五郎丸選手も

ラグビーは4年に一度のW杯でしか注目はされない。しかも本大会で勝てるかどうかの保証は一切ない。つまり、桜は咲くのか咲かないのか、選手たちは先が見えない状態で4年間コミットメントを求められる。経済的な見返りは少なく、家族との時間をはじめ、犠牲にするものも多い。ただただ、桜のジャージを着るという選手たちの誇りによって今の代表は成り立っているといっても過言ではない

これをカッコいいことだと称えながらも「ベスト4」に勝ち上がるためにはラグビー界が変わることの重要性を語っています。

またJリーグのようにプロ化に対する議論が巻き起こっていることはラグビー界にとっては最大のトピックスの1つだと思います。
これからも、ますます目が離せない日本ラグビー。
私は日本ラグビーのメンバーに登録しました。

4500円払ったけど、まだ会員証とか届いてないな。
これからも日本ラグビー界をウォッチしながら記事を更新していきます

スポンサードサーチ