ラグビー

リーチ・マイケルも、流も、松島も、ラグビートップリーグは日本代表選手がそろい踏み

ラグビーワールドカップで活躍した日本代表選手たちが一堂に介して戦うラグビーワールドカップ2020。

その初戦で早速、我らがキャプテンのリーチマイケルVSフェラーリと称される松島幸太郎、攻守のかなめスクラムハーフの流大が対決します。

リーチ・マイケルも、流大も、松島幸太郎も、ラグビートップリーグは日本代表選手がそろい踏み

日本代表の選手が3名先発で出場します。気になるラインナップはコチラ

東芝ブレイブルーパスのスターティングメンバー

1 三上正貴
2 森太志
3 深村亮太
4 梶川喬介
5 小瀧尚弘
6 シオネラベマイ
7 マットトッド
8 リーチマイケル
9 小川高廣
10 ジャックストラトン
11 松岡久善
12 ティムベイトマン
13 リチャードカフイ
14 桑山聖生
15 豊島翔平

サントリーサンゴリアスのスターティングメンバー

1 森川由起乙
2 中村駿太
3 セミセ・タラカイ
4 ジョー・ラタ
5 小林航
6 ジョーダン・スマイラー
7 西川征克
8 テビタ・タタフ
9 流大
10 マット・ギタウ
11 テビタ・リー
12 サム・ケレビ
13 梶村祐介
14 尾崎晟也
15 松島幸太朗

東芝VSサントリーの試合結果と試合経過はコチラ

まず試合を動かしたのは東芝ブレイブルーパスです。スクラムから、そのまま押し込んでトライを決めます。コンバージョンキックもキッチリ決めて7-0。
サントリーも負けてはいません。その10分後、デビタ・リーからパスを受けた右フランカーの西川征克がトライ。コンバージョンキックも決めて7-7の同点に。その後、ハイタックルでサントリー西川が一発レッドカードで退場。

その後東芝がリーチマイケルの強烈なタックルからチャンスメイクです。ティムベイトマンからパスを受けた小川高廣選手がトライを決めて12-7前半が終了

後半開始7分。サントリーが攻勢を仕掛けます。サム・ケレビがタックルで構成を仕掛け、オフロードパスでスクラムハーフの流大にボールを戻します。松島の股抜きパスでテビタ・リーがトライを決めて12-12の同点に追いつきます。

東芝も負けてはいません。スクラムでキッチリ攻勢をかけて、その後大きなパスで一気に大外に振ります。最後は松岡久善が決めて19-12でリードします。

東芝は連続攻撃を仕掛けます。リーチ・マイケルがタックルで活路を作ります。最後は三上正貴がトライを決めて26-12。初めて2トライ以上の差が生まれます。

最後はサントリーのサム・ケレビが素晴らしいトライを決めます。タックルでボールを話すと見せかけ、自分でトライを決めます。26-19で試合終了。

トップリーグオフィスのハイライト動画はコチラ

ほかのトップリーグの試合結果が気になる方はコチラ