低身長男子はお金がかかる。スーツやビジネスシューズの悩みを解決

メンズ美容

平成から令和になって、転職が普通になったり美容技術がものすごい発展を遂げたり変化してますね。

技術の発展によって様々なコンプレックスを
隠すことができるようになりました。

しかしながら、顔や職業は変えられても身長だけは、変えられないですよね。
私自身も26歳、身長160センチ体重48キロ。
チビの王道を驀進して26年間生きてきました。

モテない、ナメられやすい、年相応に見られない様々な悩みがあるのですが、最たるものはホンマに金がかかる。

この記事では、なるべくお金をかけずに
低身長男子がいい感じの第一印象になるための方法を解説していきます。

低身長の同胞は、うなずきながら読んでほしい。
高身長男子は苦笑いをしながら楽しんでほしい。
女子は怖いもの見たさに読んで見てほしい。

スポンサードサーチ

低身長男子は出費がかさむ イタイ出費まとめ

出費
まずはコレを知ってほしい!

  • スーツ
  • ビジネスシューズ
  • 私服
  • ヘアケア用品
  • フェイスケア用品
  • 恋愛

まずはスーツや革靴といったビジネスでの身だしなみ関連。
とにかく既製品が身体に合わない。

全人類に共感してもらえると思いますが
サイズ感があっていないスーツほど残念なものはない。

肩幅があっていない、袖が長すぎる
ネクタイがベルトよりも下まで伸びてる

この要素が揃ってしまうだけで、あっという間に仕事ができそうにないサラリーマンの完成です。

低身長メンズに追い打ちをかけるのは
最近になって大企業を中心に導入が進みつつある「私服勤務OK」

すらっと背の高いお兄様たちが着ると
すっごいスマートに見えるポロシャツ
我々低身長が着ると夏場の中学生にしか見えないからね。

次にビジネスシューズ。
低身長男子は往往にして足のサイズも小さい。
革靴ってメンズが履く前提で作られてるから
サイズがそもそも少ない。

値段が高い中敷を買い足したり
2週間ほど待って取り寄せをしてもらったり
とにかく手間やお金がかかってしまう。
そして小さい型は野暮ったい形が多いのも悩みどころ。

僕ら低身長の男たちを悩ませるのは
ビジネスの装いだけではありません。私服です。

低身長男子のコーディネートは
年齢を重ねるほどに難しくなります。
学生の頃はBボーイのような太めのボトムスにオーバーサイズのパーカーといったファッションも許されますが大人になってから一般人が着るには少しシンドイものがあります。

良いサイズを探すために、アウトレットに出かけることもあります。
アウトレットは低身長にとって天国です。

続いてヘアケア用品です。
これは何故?と思われる方が多いのではないでしょうか。

低身長の男たちが最も恐れるものが
2つあります。
1つは太ること。
もう1つがハゲることです。

チビ・デブ・ハゲの3拍子が揃うことで
男としての楽しみの大半が奪われてしまいます。

低身長男子こそ、ケアケア・フェイスケアに
特に気をつける必要があるのです。

低身長男子こそスーツはオーダーメイドせよ

スーツはオーダーメイド

先日のカンブリア宮殿でオーダースーツの会社が特集を組まれていました。

身体にピッタリとフィットするスーツを見るだけでカーディラーへの訪問リピート率が124%と伸びたり自信がついたりと大きなメリットがあります。

スーツは毎日必ずきなければならない服ですし自己投資をするべき対象です。

これまではテーラーの手作業で
作られていたスーツですが、機械が裁断などの工程を肩代わりしてくれるため数万円でオーダースーツを作ることができるようになりました。
ネットで買うこともできるので下記サイトがオススメです。

オーダースーツはネットでも購入可能

▼カンブリア宮殿でも紹介が組まれる実力


▼品質の高さは鉄板


▼全国展開の有名店舗もネット参入


スポンサードサーチ