働き方改革で変わる有給休暇について

働き方改革

みなさまお疲れさまです。
最近、ビジネスパーソンの間で話題になっている
「働き方改革」の目玉の1つ「有給義務化」について
書こうと思います。

「ホンマに休めんの??」
「休んだ人の穴埋めどうすんの」
「好きな日選べんの?」
「休み増えんやったらなんでもええわ」
色んな意見をお持ちだと思いますが
「有給義務化」について、まったり書いていきたいと思います

年次有給休暇の取得義務

2019年4月より年間10日以上の有給休暇がある労働者に対し、うち5日以上の有給休暇取得を企業に対して義務付け

有給義務化のポイントは2つあると思います。
1つ目は対象者が「年間10日以上の有給休暇がある労働者」
これは正社員、またはフルタイム労働者の場合、入社後「半年」で
到達します。
2つ目は「企業に対して義務付け」
これは

  • ●●さんは△日に有給をとってください
  • ●●部は△日に有給をとってください
  • お盆、飛び石GWの前後期間を有給として休業

上記の例のように従業員に有給を取らせる義務が発生するということです

有給休暇課題と解決策

年間5日以上自主的に有給を取る社員には適用されないので
「自由にとれねーのかよ・・・」
という議論は起こらないと思います。

問題はギリギリの従業員数で業務を回している企業にとって
3つの例の一番下のものしか、選択しづらいのではないかと思います。

理由は業務がパンクするから

新たな人員を確保することが難しく、現代の日本では
100人の労働者を241企業でとりあうという、
鬼畜な状況が続いているからです。

有給休暇を労働者はどう思うっているの??

[はたらこネットより]

大手求人サイトの調査結果によると、改革には賛成でも現実は・・というイメージ

働き方改革 見守っていきましょう!!

スポンサードサーチ