ラグビー

具智元もレメキもスナイマンも!ラグビートップリーグクボタ対Honda大接戦の結末は?

トップリーグ2020。ホンダ対クボタはフォワード陣が大活躍した白熱した大接戦になりました。

ラグビーワールドカップで活躍した具智元もレメキもスナイマンが一堂に会し、ともに戦います。日本代表だけでなくスナイマンやフォーリーのような有名選手も多数出場し瞬き禁止の試合となりました。

Honda対クボタのスターティングメンバーは?

Honda HEATのスターティングメンバー

1 鶴川達彦
2 藤浪輝人
3 具智元
4 ジョシュ・ベックハイス
5 RG・スナイマン
6 ポール・スクーマン
7 小林亮太
8 トマシソンゲタ
9 山路健太
10 朴成基
11 生方信孝
12 ショーン・トレビー
13 クリントン・ノックス
14 レメキロマノラヴァ
15 ベイデン・カー

クボタスピアーズのスターティングメンバー

1海士広大
2 杉本博昭
3 北川賢吾
4 金昊範
5 ルアン・ボタ
6 トゥパフィナウ
7 ピーター・ラピース・ラブスカフニ
8 ファウルア・マキシ
9 井上大介
10 バーナード・フォーリー
11 白井竜馬
12 立川理道
13 ライアン・クロッティ
14 近藤英人
15 ゲラード・ファンデンヒーファー

クボタスピアーズ対Honda Heatの試合経過

開始10分でホンダが先制します。朴成基が絶好のキックパスをトライゾーンに叩き込みます。クリントン・ノックスがキッチリとボールをキャッチしてトライ。7-0とリードします。

その7分後長い距離のペナルティゴールをパーナード・フォーリーがキッチリ決めて7-3に追いつきます。

その10分後RG.スナイマンがボールを持ち、クボタディフェンスが防ごうとするも、全く止まらず、そのままトライ。コンバージョンが決まり14-3。ここで前半終了です。

次に試合を動かしたのはクボタでした。キックパスを左サイドから右サイドに。そこで待ち受けていた近藤英人がトライ。コンバージョンが決まり、14-13。その後ペナルティゴールを決めて14-16に逆転。

その後のキックオフ直後、クボタの選手がキックオフボールのキャッチに失敗。そのボールをホンダの11番生方がトライゾーンまで運んでトライ。再び1トライ差の21-16に点差を広げます。

最後魅せたのがクボタ。5メートル付近まで攻め入って最後はパス回しで大外に控えていた白井がトライを決めて同点。最後はバーナードフォーリーのコンバージョンの2点を守り切ってクボタの勝利です。

日本ラグビーのオフィシャル試合ハイライトはコチラ

ほかのラグビートップリーグ試合結果が知りたい方はコチラ