営業

営業は何故嫌われるのか。営業自身もお客様も営業が嫌いな理由

ネットや様々なビジネス本を読んでいると、
営業は人気とは言いがたい職業だと思います。

色んな情報を整理すると理由は3つに集約できると思います。
①能力(営業成績)が数字で可視化されるから。
②成功パターンがルーチン化しにくいと思われているから。
③売ることに罪悪感を感じるから。

①〜③の全てや、いずれかに当てはまってる営業マンがほとんどではないでしょうか。
この記事では、営業が嫌われる理由と視点を少し変えるだけで、ネガティブイメージは簡単に払拭できる事を伝えて、新年の仕事をポジティブな気持ちで初めてもらう一助になればと思い書きます。

営業に配属されたくない理由まとめ

先程①から③の例を出しましたが、これらは言い換えると、
①上手くいかなかったとき、誰の目にも明らかに「仕事ができない奴」というレッテルを貼られる事。
②一度上手くいっても、また0から新しい顧客開拓をしなければならない途方のない仕事である事。
③自分や自社製品がお客様の役に立っているという実感が湧かない事
このようになります。

要するに、営業として目標やノルマの数字を追うことが上手くいこうがいかまいが、やりがいや次のステップが見えづらい事が営業職が不人気の要因なのです。

営業のやりがいは自社製品とお客様の理解から始まる

①から③までを解消する鍵は「やりがい」だと思います。では、やりがいはどのようにして生まれるのでしょうか?

まずは、自分が取り扱う商品を深く理解する事が大切です。
営業の売り込むのが嫌だというイメージはお客様から頂くお金に対して、提供するものが見合っていないという後ろめたさからくるため、役にたつものを提供していると思わない限り、どんなに数字をあげても営業職をやる辛さから解放されません。

自社製品を理解する事で、お客様と話しをするときに、ひょっとしたら役に立つものを紹介できるかもしれないという瞬間が訪れます。

win-winだと思える状態で自社製品を売る事ができると、営業の辛さがマシになるのではないでしょうか。

営業が、嫌ならまずはお客様や自分の勤める会社に興味を持ちましょう。