お金

消費税増税の影響が出る飲食業界【関係者はてんやわんや】

10月の消費増税まで残りわずかになりました。
消費税が8%から10%に引き上げられます。

同じものやサービスを利用するだけでも
2%多く、お金を払う必要があります。
引き上げを10月に控え、WEBの様々な
サービスでも料金変更の案内が
飛び交うようになってきました。

消費税増税で影響を受けるのは誰か

消費税の増税は、私たちの家計を
直撃することは間違いありません。

もう1つ考えておかなければならないのは、 社会人として活動する際の仕事にも

大きな影響が出る事です。 ITサービスや広告業に従事している方は

顧客に10月1日をまたぐ案件や申し込みについて案内を送った方も多いのではないでしょうか?

どの業界でも大きな影響が出るのは間違いですが、とりわけ大きな影響を受けるのは飲食業界です。

軽減税率に翻弄される飲食業界

軽減税率とは消費税すべてを一律で10%あげるのではなく、大きな影響を与える生活必需品の消費税率は8%に据え置くという決め事です。

これがどうして飲食業界に大きな影響を与えるかというと、レストランでの食事には10%の税率がかかるのに対してテイクアウトするときは8%でいいからです。

考えられる影響は2方向あります。

まずはお店の設備的な部分です。 レジを、それに対応できるものに変えたり スタッフさんに税率が変更になるパターンを 覚えてもらう必要があります。 そして、一般的な飲食店はキッチンスタッフよりホールスタッフの方が多いですが、テイクアウトに対応するための新しいシフトに組み直す必要性に迫られます。

また、最近話題のウーバーイーツや宅配弁当サービスなどの業界でも大きな影響があるでしょう。

別記事でも書いていますが、サマリーマンが稼ぎを大きくするのが、かなり難しい時代になりました。

普段の食事は安いに越したことは無いと思います。その中で満足感があるものにしようとすると、色んなお弁当のサービスを比べたり、自炊に目覚める人も多くなるかもしれません。

消費増税がもたらす変化は1人世代の食生活に大きな影響を与えると思います。