20代低身長男子のスーツ選び【オーダースーツは1万円台から作れる】

メンズ美容

身長が170センチ以下の男性のスーツ選びは、お金や時間を一般的な男性より多くかける必要があります。

なぜなら、既製品のスーツは標準的な体型に合わせて作られているため、我々低身長男子が「お直し」をして着ても野暮ったく見えてしまうからです。

僕自身、身長が160センチくらいしかないのですがスーツはオーダーメイドすると決めていて4着のオーダースーツを持っています。

この記事では何故オーダースーツを勧めるのか、高くないのかなど、オーダースーツを作ることを迷っている低身長男子に向けて書いていきたいと思います。

スポンサードサーチ

低身長男子こそ見た目を武器にせよ

ネットで「低身長男子 」と検索すると「モテない」「スーツ」「コーディネート」など、自分の外見にコンプレックスを感じている人が多いように思います。

たしかに身長は高い方が何かと得をする事が多いと思いますし、身長が高いこと=頼りがいがあるみたいなイメージが未だに強いとも思います。

しかしながら、googleで検索したときに予測変換で身だしなみに関連するワードがたくさん出ている事は低身長男子の美意識の高さや自己管理能力が高い現れだと思っています。

マッチング系アプリの運営会社のアンケート企画の動画でも低身長男子でも気にしないと答えてくれる女子の特集を組んだものもありますし、身長が恋愛にマイナスになるのは少しずつ薄れているのかもしれません。

(良い恋愛したいですね笑)

恋愛面で、もちろん見た目は重要ですが、ビジネスにおいては見た目はもっと重要です。

あまりにも有名な話のため、ご存知の方が多いと思いますが相手の印象を決めるのは55%が視覚情報、つまりは見た目です。

美意識の高い低身長男子だからこそ、この事実にしっかりと向き合い、ビジネスの装いである正しいスーツ姿を実践してほしいのです。

低身長男子こそスーツはオーダーメイドせよ

バブルの時代では、一着10万円以上するブランド物の生地の仕立てたスーツを着るのがステータスでした。

現代においてはスーツの量販店が、高品質なスーツをどれだけ安価で出すことができるかしのぎを削っています。

モノを安く作ろうと思うと1つの型を決めて、それを機械に覚えさせ、大量生産する事が最も手っ取り早い方法です。

オーダーメイドのスーツを作ろうとすると1着作るだけで既製品のスーツが3着買えるみたいな事を言われるかもしれません。

しかしながら、オーダーメイドのスーツにも、しっかりと文明の利器の恩恵は巡ってきています。

今までは職人さんが採寸をしてくれて、それをもとに型がつくられ、その型に合わせて職人さんが裁断をして、縫製をしてと、とても手間と技術が必要な領域でした。そのため、当然オーダースーツは高価なものになります。

それがパソコンやプリンタなどの技術の進化によって採寸データさえ作っていれば、これまでと比べて安価に、しかも早くオーダースーツを作れるようになりました。

オーダースーツが会社幹部や役員のような特権階級や水商売をやっている方だけのものから一般会社員のお給料でも、十分手が届くところまで降りてきたのです。



サイズが合わないスーツを5着持っているより、サイズが自分にピッタリ合った自信が持てる3着を持っていた方が良い仕事ができるし、人間関係も良好になると思いませんか?

忙しくて、わざわざお店に足を運べないという方もネットからオーダースーツを注文する事ができます。

美意識の高い低身長男子の皆さんこそ、文明の利器をしっかり活用して見た目を変えることによって良い人間関係や仕事に繋げていきましょう!

スポンサードサーチ