20代低身長男性サラリーマンのためのスーツ着こなし講座

メンズ美容

秋は「クールビズ」が終わり
ネクタイ、ジャケットなど
フル装備のスーツ仕事をする方が
多いのではないでしょうか。

秋は、毎年アパレル業界が
トレンドを詰め込んだ新しい
ラインナップを発表する時期です。

オフィスカジュアルの浸透で
私服通勤の解禁やジャケパンスタイルなど
ビジネスマンの装いはかなり
カラフルなものになっているのが
これまでの傾向でした。

アパレルのトレンドの傾向は
それまでに流行ったものの逆張りになる
傾向があります。

今年の秋冬スーツのトレンドは
ベーシックなデザインで
かつ高級感がある記事のスーツが
流行りそうです。

具体的には、カラーは
ネイビーやグレイ
そしてネクタイに暖色の
差し色を入れるのが今年のトレンドです。

かっちりしたスタイルに寄っていく
可能性が高いためシャツの上に
1枚ベストを挟むスリーピースが
流行るかもしれません。

また1枚ベーシックなデザインの
スーツを作っておくことで
何年も使える1着にしておくことができます。

スポンサードサーチ

20代低身長男性サラリーマンこそスーツにお金をかけましょう

私服とスーツの1番の違いはジャストフィット以外許されないことです。
私服はゆるっとしたサイズ合わせがオシャレに見えることもあります。
しかし、スーツはジャケットもパンツもシャツもネクタイの長さまでジャストサイズ以外はカッコつかなくなります。
一般的な体系の男性や恰幅の良い男性は量販店のスーツをお直しするだけで、それなりにカッコよく見えます。
身長160cmほどの男性サラリーマンは、しっかりとオーダーメイドでスーツとシャツを作ってください。

私はオーダーメイドスーツを5着持っています。
最近は安く高品質なオーダースーツを短い納期で作ってくれます。



スーツはネイビー2着、礼服1着、グレー系2着これを目標に1着ずつお金が貯まったタイミングで作って下さい。

10万円以上かかってしまうこともあるかもしれませんが、スーツは戦闘服です。
営業職の方は特に意識して投資してください。

注意点としてはドラマで俳優さんが着用しているような高いものをオーダーする必要はありません。

自分の身の丈に合った記事をお店と相談しながら決めてください。
ポイントは身長にコンプレックスを持っていることを正直に話した上で、予め予算感を伝えておくことです。
併せて職種や職歴も伝えると店員さんが提案してくれます。

20代の営業職は私服勤務OKでもスーツを着てください

最近では私服勤務を認めている企業も増えてきました。
しかしながら低身長男子は特にスーツの着用を意識してください。
ジャケットは脱いでもいいと思いますが、頼りなく見えてしまいます。

残念ながら身長が低いだけで一般人はオーラがないように見えてしまいます。
必ずぴったりフィットしたパンツとシャツを着用してください。

シャツは特に横が余り膨らんでいないか、袖の長さが余って肘のあたりが過剰にダボついていないかチェックしてください。
シャツはオンラインショップでもサイズが細分化しているので便利です。


スポンサードサーチ

スーツにお金をかけられない人はブランドにこだわらなくてOK

色々書いてきましたが、給料が上がらないこのご時世、なかなかお金をかけられない人も多いのではないでしょうか。
私服と違ってスーツはブランドにこだわらなくても大丈夫です。
アルマーニやダンヒル、BOSSなど有名海外ブランドに手を出す必要はなく
自社工場を持って高品質でこだわりを持っている業者があります。

まずは見積もり請求だけするのも大きな1歩だと思います。

勉強し内面を変えるのは時間がかかります。
まずは外見を整えることで信頼を作っていきましょう。

スポンサードサーチ