働き方改革

FXトレードでは、基本的に毎日毎日移り行く為替相場を眺めながら、あれやこれやと思考回路を働かせて各通貨の売買を行い利益を稼ぐ事になります。 これには、各通貨の独特な動きや各国の経済指標の発表時間、さらには各国の高官による重要な発言など、今後発生すると思われる事項も考慮しながら、どこでエントリー(通貨を保有する)してどこで決済するかを考える必要があります。

働き方改革

FXトレードでは、株式取引と同様にハイリスク・ハイリターンという言葉が聞かれます。これは、トレードにはリスクがありますが、その分得るもの=リターンも大きくなりますよという意味になります。 確かに、外から見ればFXや株取引では億単位の利益を出したというニュースがある一方、全資産を失った、破産したなどというニュースもあるため、ハイリスク・ハイリターンと思われているのかも知れません。 ただ、実際にFXトレードを始めてみると分かりますが、FXトレードではやり方を間違えなければハイリスクでは無くローリスクでも行う事が可能なのです。

働き方改革

FXトレードでは、比較的大きな時間軸で数日~長期間保有のスイングトレード、1日以内で新規ポジション保有から決済までを行うデイトレード、比較的短い時間軸を使って短時間で雌雄を決するスキャルピングなどのトレード手法があります。 スイングトレードでは、一旦ポジションを保有したらたまに為替チャートをチェックするだけになりますが、今回説明するスキャルピングでは短時間で新規エントリーから決済までを1日数回~数十回行う事になるため、結構ハードなトレード手法になります。

働き方改革

FXトレードでは、スイングトレードやデイトレード、さらにはスキャルピングなどの手法があり、それぞれの手法によって当然ながらメリットやデメリットがあります。 ですので、トレードを行う人は、自分のライフスタイルや各トレード手法のメリットやデメリットなどを考慮して、1つの手法または複数の手法を駆使しながらFXで継続的な利益を上げていく必要があります。

働き方改革

スキャルピングでは1回の利益は少ないのですが、それを積み重ねる事によって稼ぐトレード手法になります。 少ない利益の積み重ねとトレードチャンスの多さによって成り立っているとも言えるスキャルピングなので、損切り管理をしっかりと行わないと、積み重ねてきた利益が1回の損失によって吹き飛ぶ可能性があります。

働き方改革

FXにはスキャルピングと言うものがあります FXトレードにはデイトレード、スイングトレード、スキャルピングなど、いくつかのトレード手法があります。 そして、大抵の人がFXを始める場合には、ある程度ポジションを保有する事が可能なスイングトレードやデイトレードを行うと思われます。

働き方改革

使うテクニカルは2~3種類でOK ポジションを長期間保有し続けるスイングトレードでは、テクニカルはもちろんですがファンダメンタルズ分析も重要になってきます。

働き方改革

日中仕事をしてから自宅に帰ってきてFXトレードをする事が多いサラリーマンの人は夕方から夜間のトレードに限られる場合が多くなります。すると、トレード時間が限られているため、仕事疲れで疲労困憊の時にも無理をしてトレードを行ってしまう場合もある事でしょう。 ただ、疲労困憊の時には正確な判断が出来ない可能性が高くなりますので、こういった時には思い切ってトレードを休む事も必要だと思います。

働き方改革

トレードする度に毎回損小利大でトレード出来るほど、FXトレードは甘くないです。時には損大利小=損失は大きくなるけれどそれと反比例して利益は少なくなる事もあるのです。 損失が大きくて利益は少ないという事は、トレードする度に損失が拡大していく計算になるため、あまりお勧め出来ないというか正直なところやってはいけないトレードになります。しかし、これがスキャルピングの場合だと、少し事情が異なって来るのです。

働き方改革

スキャルピングでは短時間に少ない利益を積み重ねていく手法になります。スプレッドの低いFX会社でトレードするのはもちろんですが、それ以上に1pipsを大事にしなければなりません。 スキャルピングでは1pipsの積み重ねによって、トレード回数を増やすことによって、トータルのpips獲得数を増やしていく手法になるからです。