働き方改革

10月の消費増税まで残りわずかになりました。 消費税が8%から10%に引き上げられます。 同じものやサービスを利用するだけでも 2%多く、お金を払う必要があります。 引き上げを10月に控え、WEBの様々な サービスでも料金変更の案内が 飛び交うようになってきました。

働き方改革

働き方改革という言葉が どの職場でも浸透してきたのではないでしょうか? 働き方改革は日本の生産性を 高めることで、人口が減ったり 労働時間が減ったりしても 国力を極力下げないことを 目的に押し進められています。 この方針に合った職場整備のため機械の導入は進んでいくと思います。

働き方改革

就活生は新卒サイトだけでなく 企業の採用ホームページや SNSをチェックしながら情報を 集めています。 現代の若者はSNSでの情報収集に たけているため、効率の良い採用活動をするために SNSは必須スキルとなります。

自己研鑽

営業現場では様々な研修が行われます。 大切なことは研修をする側も受ける側も その背景を理解しながら研修に挑むことです。 背景を理解しないまま進めてしまうと 例外の事態が起こった際に対処できなくなるからです。

自己研鑽

令和になって「働き方改革」や「生産性の向上」などサラリーマンが意識すべき新しい考え方が発信されています。なぜこのタイミングで改革が叫ばれているのでしょうか?日本経済の不都合なファクトを読み解きながら、若者の新しい働き方を探っていきたいと思います。

自己研鑽

営業職を志望している就活生、お盆明けから現場デビューする新社会人、転職活動で営業職を検討している方向けに営業現場のリアルや、不安に思われがちなことと実情についてまとめました。読んでいただくことで不安が消えたり、イメージが具体化したりすると思います。