ビジネス

リモートワークで損するビジネスマンの特徴3選

コロナウィルスの影響でリモートワークになった人が増えていることでしょう。長い人はリモートワーク歴1か月に突入したのではないでしょうか。最近ではビジネス系の記事でリストラが加速される話や、リモートワークによって生産性が低い人を可視化するシステムが流行っているなど、気になるニュースがたくさん出ています。 ニュースの中では誇張されているものも見受けられますが、働き方がリモートワークに変わったことで損しているビジネスマンがいることも事実です。この記事では損する人の特徴を紹介します。

リモートワークで損する人の特徴とは

社会情勢の変化でビジネスマンの働き方が突如変わったことで様々な影響が出ています。例えばリモートワークを導入した企業では評価制度が整備されていないところが多いと思います。現状では、それまで積み上げてきた信頼で在宅でも仕事をしてくれているだろうという不可視の信頼関係によって成り立っている状態です。今後、各企業で制度が整ってくると思います。その時、評価を下げてしまう人が必ず出てきます。その人の特徴をまとめました。

  • 清潔感がない人
  • 数値化できない業務を担っている人
  • 簡潔な文章が書けない人

1つずつ見ていきましょう。

在宅勤務の服装、迷うならビジネスカジュアルがおすすめ

まず、評価を落としてしまうのは清潔感がない人です。オフィスに出社するときはスーツを着ているため、スーツに身だしなみを合わせようとすると自然と身なりが整うものです。しかしながら在宅勤務になったとたんスーツを着なくなり、髪はボサボサ、ヨレたのTシャツで仕事をしている人にあなたは仕事を任せられますか?家でスーツ、ネクタイまでするのはやりすぎだという反発があるかもしれません。スーツを着るかどうかの是非は置いておくとして、最低限「人と会えるのか」という基準で服装を選んでください。髭のそり残しなども今のPCカメラの性能だと案外映ってしまうものです。

在宅勤務の評価指標整備は急務、数値化できない仕事をどう評価するか

2つ目は数値化できない仕事を、どのように評価するかです。オフィスに全員がいるときは数値化できない仕事でもコミュニケーションをとっていれば仕事をしていることを確認できます。しかしながら在宅勤務の場合は、よほど綿密にKPIを設定していない限り仕事をしているかという基準があいまいになってしまいます。そこを、おろそかにしたまま放置するとスタッフ間の不公平感につながり組織の機能不全に陥ってしまいます。時間を惜しまず評価指標の作成に力を入れるべきです。

在宅勤務はチャットやメールがコミュニケーションの中心となる

最後は簡潔な文章が書けない人は評価が下がります。オフィスにいるときは言葉や表情がわかるため論理的な話し方ができない人でも言いたいことを察してもらうことができました。しかしながら在宅勤務ではチャットやメールのような文字コミュニケーションが主流になります。次のような文章を送ってしまう人は注意が必要です。

  1. 無意味に長文を送ってしまう人
  2. あいさつ文を入れてしまう人
  3. 明確に次のアクションを求められない人

1つずつ見ていきます。まずは無意味な長文を打つ人です。チャットではサクサクやり取りしたい人が多いはずです。生産性を上げるためにできるだけ、やり取りの時間は短く少ないことが理想的です。そこでかしこまった長い文章を投げてしまうとチームのやり取り全体が重たくなってしまいます。いかに簡潔に書くかを意識してください。次はあいさつ文を入れてしまう人です。

  • 〇〇さん、お疲れ様です
  • 今、お時間よろしいですか?
  • このような文章は不要です。話したい人の前に「@」や「>」のような記号を入れるルールを作っておくと良いでしょう。時間があるかどうかは要件によって変わりますし、手が空いていなければ返信しないだけの話です。先ほどの項目で1回あたりの文章は短くと書きましたが、チャットのラリーも少なくなるよう工夫しましょう。最後は明確なアクションが求められない人です。自分が発信したことに対してリアクションが欲しいのか、確認だけしてもらえればよいのか明確にしましょう。

    リモートワークで損しないためにやるべきこと

    一言でいうと目に見える成果を上げることです。成果を上げる動きをしっかりアピールしましょう。繰り返しになりますがリモートワークになったとたん、身だしなみで手を抜けば同じ仕事をしても評価は下がります。適当な人だと思われないために身だしなみから整えていきましょう。
    身だしなみの整え方については下記の記事で詳しい解説をしているので若手のビジネスマンは参考にしてください。

    洗顔
    メンズの洗顔や美容は常識。正しい洗顔と保湿平成の末ごろから化粧品会社が男性向けの化粧品のラインを拡充させたり、フェイスケアを推奨したりする動きが活発になりました。 このよう...

    多くの会社がコロナウィルスの影響で働き方の変革を余儀なくされています。不況になるとかリストラが増えるとか、私たちビジネスマンが不安になる情報がたくさん発信されています。厳しい時代を乗り越えるためには、それ相応の準備が必要です。
    損しないために機材を整えるのも1つの方法です。



    ビジネススキルと仕事で使うもの両面に気を配り良い仕事をしていきましょう。

    コロナウィルスで注目される営業手法インサイドセールスとは?コロナウィルスが世間を騒がせる中、見ず知らずの営業マンとあってくださるお客様がどれほどいるでしょうか?インサイドセールスは、営業マンの生産を最大化させ、お客様に直接訪問することなく営業活動ができる手法として再評価されています。働き方改革とコロナ対策、インサイドセールスなら両輪で回せる解決策になります。...