FXでは突然の大暴落が起こりえます だから基本をおさえましょう

働き方改革


FXにはスキャルピングと言うものがあります

FXトレードにはデイトレード、スイングトレード、スキャルピングなど、いくつかのトレード手法があります。

そして、大抵の人がFXを始める場合には、ある程度ポジションを保有する事が可能なスイングトレードやデイトレードを行うと思われます。

ちなみに、スイングトレードは、保有したクロス円の為替レートが下落せずにそのまま推移しただけでも毎日スワップ金利を受け取る事が出来ますので、ビギナーズラックも手伝ってかほとんど損失も無くFX口座内の資金は順調に増えていく可能性があります。

そのため、FXを始めたばかりの人は、FXトレードでこんなに簡単に儲かっても良いのだろうか?と、少し不安に思うところもあるかも知れません。

ただ、FXではリスク管理を怠っていると、時として大変な事になる可能性があるのです。

スポンサードサーチ

FXでは突然の大暴落が起こりえます

これは忘れもしない、2011年3月11日の東日本大震災が起きた後、FX相場はみるみる円高=日本円が高騰して他通貨が大暴落しました。

そして、この時スイングトレードを行っていた人の中には、ストップ設定を行っていなかったため、あっという間にFX資金の大半を失ってしまった人が多くいたようです。

もっとも、FX相場ではいつ何が起こるか分からないため、保有しているポジションには必ずストップ注文を入れておく必要がありますが、このストップ注文を入れておかなかったため、結果として大損失を招いてしまったのです。

そのため、スイングトレードやデイトレードでは、必ずストップ注文を入れる必要があるのです。

スキャルピングでは現在の為替レートが気にならない

為替レートが気にならないなんておかしな事を言っているなと思うかもしれませんが、スキャルピングではテクニカルの動きでトレードポイントを狙いますので、現在の為替レートの水準は気になりません。

それに、スキャルピングは新規注文から決済注文までのトレード時間が短いため、為替レートの水準を気にする必要が無いのです。

これが、スイングトレードやデイトレードの場合、日中仕事をしている時でも現在の為替レートの水準はどこかを確認するために携帯でチェックする必要があります。それも、30分とか1時間単位でです。スイングトレードの場合は夜中にもチェックが必要になるケースがあります。

さらに、為替レートに大きな影響を与える重要なニュースや高官の発言が出ていないかなどのチェックもしていましたので、それはもう心が休まる時が無いほどに精神面へのダメージが大きくなる可能性があります。

心が休まらずにFXトレードをしていたら、精神は崩壊し体調も悪くなる一方になる可能性が高くなりますが、これがスキャルピング手法だと日中や夜中に為替レートを確認する必要が無くなります。

ですので、現在あなたがスイングトレードやデイトレードで心が休まらず疲れが出ているのであれば、スキャルピング手法に変更するのもありだと思います。

スポンサードサーチ