FXは自分を知らなければ破滅への片道切符になることもあります

働き方改革


FXトレードでは自分を知る事が重要になります

現在、FXトレードでは金融庁の引き締めにより個人がFXトレードを行う場合には最大レバレッジが25倍になっています。まあ、以前のレバレッジ100倍や200倍と比べればはるかにリスクは低くなってはいます。

しかし、このレバレッジ25倍であってもその使い方を誤ると、とんでもなく大きな損失を出してしまう可能性が高くなるのです。

確かに、FXトレードにおいては小資金からでもレバレッジを高める事によって多額の取引が可能になり、結果として大きな利益を上げる事が可能になるという点が魅力の一つでもあります。

しかしそれは、レバレッジというFX最大の武器を正しく使いこなしている方だけが出来るのであって、レバレッジの使い方を誤っているとその逆になる可能性が非常に高いのです。

特にFXトレードが初めてという人は、いきなりレバレッジ25倍で取引をすると損失を出す可能性が高くなるのですが、その原因とは一体何なのでしょうか?

スポンサードサーチ

FXトレードでは自分の損失許容量を知る事が重要です

FXトレードで重要な事の1つに自分の損失許容量を知るというものがあります。ちなみに、この損失許容量とは読んで字の如し許容(つまり許す事)が出来る損失量になります。

これはどういう事かと言うと、エントリー後の為替レートの動きに対して、自分がどれくらいの損失まで許る事ができるのかという事になります。そして、この損失許容量さえ分かっていれば、為替レートが反対方向に動こうがそれは全く気にならないからです。

この場合、結果としてストップに掛かった場合でも、それは損失許容量の範囲内ですので何も心配する事はありません。

ちなみに、この損失許容量ですが、当然ですがトレードする人によって違います。1回のトレードで、

1万円までならOK
資金量の1%までならOK
いやいや1,000円まででしょう

などなど。。。


逆に、損失許容量を把握していないと精神的に安定していないために多少の下落でも焦ってしまい、結果としてその後得られただろう利益を逃してしまうのです。

為替レートとは一直線に上昇、または下落するものではなく、途中に調整を挟みながら上昇や下落していきます。この途中の動きに一喜一憂してしまうと、買ったはいいが損切り、売ったはいいが損切りなど中途半端なトレードになってしまいます。

ですので、実際にトレードする際には、事前に必ず損失許容量を把握した上で焦らずに行う必要があります。

焦らず・慌てずに!
焦らず・慌てずに!

スポンサードサーチ