営業

インサイドセールスは働き方改革を推進する。根拠を解説します

コロナウィルスの影響で、これまでにない速度で働き方改革が進んでいます。具体的には、都市部を中心にテレワークが進んでいます。一方で不動産業界や建設業界など、全くテレワークが進んでいない業界もあります。今回はIT業界や広告業界においてインサイドセールスの営業手法が、働き方改革を推進する理由を解説していきたいと思います。インサイドセールスがわからない方は下記記事を読んでください。

インサイドセールスって何?テレワークリモートワークとの違いも解説コロナウィルスの影響で訪問できない営業マンが多いと思います。影響はしばらくの間続くと予測されているため思い切った営業手法の転換が必要です。その方法の1つとしてインサイドセールスが注目されています。インサイドセールスとは何かを解説しました。...

インサイドセールスが働き方改革を推し進める3つの理由

  • 営業マン1人当たりが担当できる顧客数が増える
  • それぞれの業務範囲が明確になる
  • 上司がマネジメントしやすい

まずは営業マン1人当たりが担当できる顧客数が増えます。インサイドセールス部署の位置づけにもよりますが、見込み顧客とのファーストコンタクトか既存顧客のフォローアップが別チームに委ねられるため新規商談数が増えます。新規商談をキッチリ管理して受注率の向上を図ることで部署の大きな生産性の改善につながります。

次は業務範囲が明確になります。ビジネス書を読んでいると「日本の雇用はメンバーシップ型、欧米の企業はジョブ型」という話を頻繁に目にします。かいつまんで説明すると、日本の企業は、自社に入社してくれる人を選んで、その中から、それぞれの部署に人員を配置します。一方で欧米は、そのプロジェクト、業務内容に応じてスキルを持った人や適性がある人を直接雇用します。どちらの雇用慣習も一長一短がありますが、メンバーシップ型の雇用慣習は、社員の業務範囲が不明瞭なため自分の仕事が終わっているのに、部署の先輩や上司が残業をしているから自分も残らなければならないという無言の圧を生み、生産性や長時間労働の温床になっていると、やり玉にあげられます。
インサイドセールスであれば、それぞれの部署やメンバーの行動をすべてKPIの数字で管理できるため、誰の目から見ても、その人個人の業務は終了しているため、帰宅を促したり能力に応じた仕事量の調整がやりやすくなります。

最後は上司がマネジメントしやすくなったことです。訪問営業だと外にいる時間は何をしているかわからないため、うまくいっている営業を褒め、うまくいっていない営業を詰めるしかありません。しかし全員が同じ場所で仕事をするため、営業マンが、それぞれ、どのフェーズがボトルネックになっているかを訪問営業と比べて早く発見できます。早く発見できることでPDCAサイクルを正確に早く回すことができるようになるため、試行錯誤の回数が自然と増えていきます。その結果、目標に到達するスピードが上がるので生産性が向上していきます。

働き方改革の本質は早く変えることではなく、いかに生産性を向上させられるかです。社会が複雑になっているので、答えのない課題に、いかに立て付けを整え解決策を提供できるかが、働き方改革を成功させる大きなカギとなります。その手段の1つとしてインサイドセールスは有効です。

コロナウィルスで注目される営業手法インサイドセールスとは?コロナウィルスが世間を騒がせる中、見ず知らずの営業マンとあってくださるお客様がどれほどいるでしょうか?インサイドセールスは、営業マンの生産を最大化させ、お客様に直接訪問することなく営業活動ができる手法として再評価されています。働き方改革とコロナ対策、インサイドセールスなら両輪で回せる解決策になります。...
関連記事はコチラ