ビジネス

コロナで生活苦しい人必見!固定費削減は格安SIMへの変更から

コロナウィルスの影響が長期化することが予測されています。自営業の方はもとより、収入が下がってしまい生活が苦しくなっている方も多いのではないでしょうか。このご時世、副業や資産運用など、お金に関する様々な情報が流れていますが、すぐにお金が手に入るものはありません。この記事では収入が上がりづらい現代において生きやすくなるための節約術を提案したいと思います。

コロナウィルスの影響は長期化する予測。生活を維持する方法

最近のニュースではコロナウィルスは高温多湿に弱いため、夏になったら一段落するのではないかと報道されています。仮に夏に一度収束するとしても、ワクチンなどの根本的な解決策が登場するのは、まだ先になりそうです。その場合、また寒くなったら外出できず収入が減るサイクルに入ってしまいます。そんな中でも、ちゃんと生きていくために生活費を確保せねばなりません。新たな収入源を作る道としてウーバーイーツが流行っていますが、気乗りしないと思います。そこで発想の転換が必要です。収入を増やすのではなく、支出を減らす方向で模索をしていきましょう。

支出を減らすときに考えるべきこと

  1. 現状を正確に把握する
  2. インパクトの大きなものから削減する
  3. 固定費から考える

まず、あなたは全ての支出を把握していますか?把握できていない人は、まずは家計簿をつけるところから始めましょう。逐一、家計簿をつけるのが面倒な人は電子決済を利用しましょう。最近では様々な家計簿アプリが出ているため自動で自分が何にお金を使っているかが可視化できます。
次は支出を減らす際は、大きなものから削減すると良いでしょう。節約をする際に食費や交際費から削る人が多いと思います。しかし、このような支出を削るといろいろなものを我慢しなければなりません。我慢すると継続するのが難しくなります。今回の支出削減の目的はコロナウィルスによる不況を乗り越えるためのものなので、なにかほしいものを買うときの貯金と違い終わりが見えづらいものです。今の生活をなるべく変えずに大きな効果を得られる項目を削減すべきでしょう。1人暮らしの方にとって削減できる大きな項目として下記の項目があります。

  1. ガス代や光熱費
  2. 火災保険などの保険
  3. スマホなどの通信費

まずは家賃や光熱費です。すぐに引っ越すのは難しいかもしれませんが、ガス代や電気代の見直しであればすぐに可能です。ガスと電気をまとめて、月々1万円以内に抑えることも可能でしょう。様々なサービスが出ていますので、ゴールデンウィーク期間にリサーチをしてみてはいかがでしょうか。次に保険料ですが、無駄なものまで払っていませんか?月々2000円ほどだとしても、払い続けるとかなりまとまった額になってしまいます。家族を持つまでは保険の加入は不要だと思います。勇気をもって解約しましょう。最後は通信費です。通信費が1万円を超えている人も多いと聞きます。あり得ないと思います。様々なキャリアが複雑な料金形態を組んで高額な料金を請求してきます。Wi-Fi代と合わせて月々2万円ほどの支出を削らない手はありません。

格安SIMに変更してスマホ代が月3000円に。メリットとデメリットを解説

私は2020年の2月からスマホをソフトバンクから格安SIMへと変更しました。それまでは機種代込みで13000円ほどでした。それが今では3500円ほどです。ィルスの影響が長期化することが予測されています。自営業の方はもとより、収入が下がってしまい生活が苦しくなっている方も多いのではないでしょうか。このご時世、副業や資産運用など、お金に関する様々な情報が流れていますが、すぐにお金が手に入るものはありません。この記事では収入が上がりづらい現代において生きやすくなるための節約術を提案したいと思います。

コロナウィルスの影響は長期化する予測。生活を維持する方法

最近のニュースではコロナウィルスは高温多湿に弱いため、夏になったら一段落するのではないかと報道されています。仮に夏に一度収束するとしても、ワクチンなどの根本的な解決策が登場するのは、まだ先になりそうです。その場合、また寒くなったら外出できず収入が減るサイクルに入ってしまいます。そんな中でも、ちゃんと生きていくために生活費を確保せねばなりません。新たな収入源を作る道としてウーバーイーツが流行っていますが、気乗りしないと思います。そこで発想の転換が必要です。収入を増やすのではなく、支出を減らす方向で模索をしていきましょう。

支出を減らすときに考えるべきこと

  1. 現状を正確に把握する
  2. インパクトの大きなものから削減する
  3. 固定費から考える

まず、あなたは全ての支出を把握していますか?把握できていない人は、まずは家計簿をつけるところから始めましょう。逐一、家計簿をつけるのが面倒な人は電子決済を利用しましょう。最近では様々な家計簿アプリが出ているため自動で自分が何にお金を使っているかが可視化できます。
次は支出を減らす際は、大きなものから削減すると良いでしょう。節約をする際に食費や交際費から削る人が多いと思います。しかし、このような支出を削るといろいろなものを我慢しなければなりません。我慢すると継続するのが難しくなります。今回の支出削減の目的はコロナウィルスによる不況を乗り越えるためのものなので、なにかほしいものを買うときの貯金と違い終わりが見えづらいものです。今の生活をなるべく変えずに大きな効果を得られる項目を削減すべきでしょう。1人暮らしの方にとって削減できる大きな項目として下記の項目があります。

  1. ガス代や光熱費
  2. 火災保険などの保険
  3. スマホなどの通信費

まずは家賃や光熱費です。すぐに引っ越すのは難しいかもしれませんが、ガス代や電気代の見直しであればすぐに可能です。ガスと電気をまとめて、月々1万円以内に抑えることも可能でしょう。様々なサービスが出ていますので、ゴールデンウィーク期間にリサーチをしてみてはいかがでしょうか。次に保険料ですが、無駄なものまで払っていませんか?月々2000円ほどだとしても、払い続けるとかなりまとまった額になってしまいます。家族を持つまでは保険の加入は不要だと思います。勇気をもって解約しましょう。最後は通信費です。通信費が1万円を超えている人も多いと聞きます。あり得ないと思います。様々なキャリアが複雑な料金形態を組んで高額な料金を請求してきます。Wi-Fi代と合わせて月々2万円ほどの支出を削らない手はありません。

格安SIMに変更してスマホ代が月3000円に。メリットとデメリットを解説

私は2020年の2月からスマホをソフトバンクから格安SIMへと変更しました。それまでは機種代込みで13000円ほどでした。それが今では3500円ほどです。変更してから1年ほどたつのですが、ザっと12万円ほどの節約に成功している計算になります。ひと月あたり1万円自由に使えるお金が増えたらうれしいですよね。しかも節約や切り詰めることを意識しなくても、これだけの金額を毎月浮かせることができます。

格安SIMのメリットとデメリット

まずはメリットから見ていきましょう。

  1. オンラインで申し込み可能
  2. 短時間で手続き完了
  3. 通信速度や要領は気にせず使える

格安SIMに変えたことを家族や友人に話すと

  • 変更って面倒?
  • 速度遅くない?
  • この2つを必ず質問されます。格安SIMに変えたときは時間もお金もほとんどかかりませんでした。クレジットカードは必要ですが、来店することなく変えることができる可能性があります。この時期に携帯を変えるためだけに外出するのは嫌ですよね。手続きも短時間で済みますし、同じ番号を使うためのコードの取得に1番時間がかかったくらいです。
    逆にデメリットですが、平時は動画視聴含めて通信速度が気になったことはないのですが、梅田でお昼の12時半から1時間ほどは通信速度の遅さが気になるときがあります。しかしながら、5月7日から4回にわたって通信改善の取り組みが行われるので、もっと快適に使えるようになることでしょう。家ではWi-Fiにつないで使っているのですが、この1年間で低速になったことはありません。データの繰り越しもできるので、通信に関しては、かなり便利です。コロナを機に格安SIMへの変更を検討してください。


    関連記事はコチラ