働き方改革

若者の消費傾向は「モノ」から「コト」に変わったと言われています。 具体的には、高いブランド物の服や車を買わなくなり、 代わりに、気の許せる仲間との共通の体験や他人の夢の応援には 惜しみなくお金を使うようになりました。

働き方改革

FXトレードで重要な事の1つに自分の損失許容量を知るというものがあります。ちなみに、この損失許容量とは読んで字の如し許容(つまり許す事)が出来る損失量になります。 これはどういう事かと言うと、エントリー後の為替レートの動きに対して、自分がどれくらいの損失まで許る事ができるのかという事になります。そして、この損失許容量さえ分かっていれば、為替レートが反対方向に動こうがそれは全く気にならないからです。

働き方改革

FXトレードはハイリスク・ハイリターンです。1ドル100円で買ったUSDJPYが円高方向に進んで1ドル90円になってしまいました。ここで仕方無く1万ドルを売った場合には、1万ドル×90円=90万円、つまり10万円の損失になりますので、証拠金は10万円-10万円=0円になってしまうのです。

働き方改革

FX会社のシステムによりこのロスカットされると、保有していた全てのポジションが一斉に強制決済され、保有していたポジションが全て無くなる事になります つまりFXトレードにおけるどん底状態になってしまいます。

働き方改革

本来であれば、このスリッページは無いに越した事はありませんが、FX相場に急激な動きがあった時には多少なりともスリッページが発生する事を覚悟しておいた方が良いです。FXで稼ぐためには多少なりともスリッページは避けて 通れないものだと思った方が良いでしょう。

働き方改革

最近のニュースは、この会社で人員削減とか 年金がもらえなくなるとか、AIに仕事を奪われるとか サラリーマンにとって怖いニュースばかりですよね。 こんなニュースを見て、別の収入源が必要だと思い FXに興味を持たれた方もいるのではないでしょうか。 トレーディング用語のスプレッドについて解説します。

働き方改革

FXトレードでは、基本的に毎日毎日移り行く為替相場を眺めながら、あれやこれやと思考回路を働かせて各通貨の売買を行い利益を稼ぐ事になります。 これには、各通貨の独特な動きや各国の経済指標の発表時間、さらには各国の高官による重要な発言など、今後発生すると思われる事項も考慮しながら、どこでエントリー(通貨を保有する)してどこで決済するかを考える必要があります。

働き方改革

FXトレードでは、株式取引と同様にハイリスク・ハイリターンという言葉が聞かれます。これは、トレードにはリスクがありますが、その分得るもの=リターンも大きくなりますよという意味になります。 確かに、外から見ればFXや株取引では億単位の利益を出したというニュースがある一方、全資産を失った、破産したなどというニュースもあるため、ハイリスク・ハイリターンと思われているのかも知れません。 ただ、実際にFXトレードを始めてみると分かりますが、FXトレードではやり方を間違えなければハイリスクでは無くローリスクでも行う事が可能なのです。

働き方改革

FXトレードでは、比較的大きな時間軸で数日~長期間保有のスイングトレード、1日以内で新規ポジション保有から決済までを行うデイトレード、比較的短い時間軸を使って短時間で雌雄を決するスキャルピングなどのトレード手法があります。 スイングトレードでは、一旦ポジションを保有したらたまに為替チャートをチェックするだけになりますが、今回説明するスキャルピングでは短時間で新規エントリーから決済までを1日数回~数十回行う事になるため、結構ハードなトレード手法になります。

働き方改革

FXトレードでは、スイングトレードやデイトレード、さらにはスキャルピングなどの手法があり、それぞれの手法によって当然ながらメリットやデメリットがあります。 ですので、トレードを行う人は、自分のライフスタイルや各トレード手法のメリットやデメリットなどを考慮して、1つの手法または複数の手法を駆使しながらFXで継続的な利益を上げていく必要があります。