働き方改革

SNS最先端のゆうこすも太鼓判 令和はオタクが最強の時代

ネット社会の発達=余計なお世話な社会だと最近思います。

その最たるものが稼ぎ方論争です。
サラリーマンは現代の奴隷制度
個人の時代っていうけど、
今、好き放題言われてる
フリーターも最先端の働き方って
昔もてはやされてたよね

こんな論争がTwitterやブログでは
巻き起こっています。

SNSの影響力がモノをいう時代に

お金を稼ぐ稼がないは一旦置いといて
SNSのフォロワーさんと、どれだけ濃く
からめる関係を作れてるかで日々の
充実度が変わってくるという意見は
割と賛同が得られるのではないでしょうか。

まず、ネットでお金を稼ぐ方法は
せどりや広告収入です。
これらは信用が命ですから
SNSに毎日有益な情報を
ターゲットを定めて配信し続け
この人なら信用できそうだという評価を
リスナーから得ていく必要があります。
(たぶん、めちゃ重労働です)

次に稼げなくてもいいから
色んな人と絡みたいという方です。
これには2つの方法があります。

1つ目はトレンド入りしているワードを
ハッシュタグにして気の利いたツイートを
することです。

2つ目はアイドルや音楽など
ジャンルはなんでも良いですが
自分がオタクと自称できる分野で
ツイートしまくることです。

昔から”類は友を呼ぶ”と言われているように
同じ分野に興味を持つ人が
フォロワーとして集まってくれます。

どちらが入り口にせよ、
自分のキャラに合わせて
一貫した発信を継続して
やり続けることが、SNSで
発信者側として楽しむ秘訣になります。

ゆうこすも言ってます!オタクが最強の時代

モテクリエイターという肩書で
SNS戦略の最前線で活躍している
元アイドルの方で、このテーマで
本も出版されています。

この本は、SNS全盛期のこの時代において
SNSでの影響力の持ち方がプロフィールの
書き方から、発信の仕方まで、まるっと
解説されている良書です。

少しだけ内容に触れると
プロフィールの書き方や
このアカウントで、
どんなキャラクターとして
発信していくのか緻密に
決めてから発信することが
大切だと、多くのページを割いて
解説されています。

具体的には、興味のある分野だけでなく
自分にキャッチコピーをつけたり
興味関心分野を、どれだけ具体化して
書いていけるかが勝負です。

アイドルに興味がある
これだけではなくて
坂道グループなのか
AKBグループなのか
どのチームの誰推しか
何故、その人を応援したいのか

などなど具体的に書いていきましょう。

このご時世、辞書的な内容は
全てGoogle神様が教えてくれます。

だからこそ一貫した
「私はこう思う」が大きな力を持つ時代になっているのです。